今月の行事



大般若波羅蜜多経の転読

大般若波羅蜜多経の転読

大般若会(だいはんにゃえ) (1月15日)

 1月15日には、大般若会を修行します。
 大般若会とは、唐の玄奘三蔵が訳された 大般若経(大般若波羅蜜多経)六百巻を読誦する法要です。 しかし、六百巻と大部なため全体を通読する真読に対して、単に経題や経の初、中、終の数行を略読する転読 という方法で経本の紙をパラパラと繰って厳修します。
 永観堂の大般若会は、鎌倉幕府の将軍源頼朝が建久九年(1198)に上洛した折、当山に参って天下泰平の祝いのためにと十六善神図および大般若経を寄納したことに始まります。  なお、1月15日は当山をはじめ洛中の六カ寺の阿弥陀様にお参りする「六阿弥陀功徳日」と重なり、たくさんの方が参拝されます。