今月の行事



大般若転読会

大般若転読会

大般若転読会(だいはんにゃてんどくえ)

 1月15日は洛陽六阿弥陀功徳日です。これは、一年十二ヶ月の毎月に設けられた功徳日に、一番「真如堂(東山)」、二番「永観堂(東山)」、三番「清水寺奧院(東山)」、四番「安祥院(五条坂)」、五番「安養寺(新京極)」、六番「誓願寺(新京極)」の全てに出向き、それぞれに安置された阿弥陀如来様をお詣りするというものです。また、この日には「大般若転読会」という法要が執り行われます。
  これは除災の効果が期待される『大般若波羅蜜多経』を読経するものですが、本経の巻数はなんと六百巻、あらゆる経典の中で最大の分量を誇ります。字数にして約500万字といわれます。一日一万字読んでも一年以上かかる膨大な経典です。このため『大般若波羅蜜多経』を最初から最後まで読むことはせず、経題と経文の初中後などのみを複数人で読み上げる「転読」という方法が取られます。その様子については掲載の写真をご覧ください。経本を高く掲げてパラパラと繰り出し、転読する僧侶たちが織りなす美的なパフォーマンスもまた圧巻です。