今月の行事



モンキチョウ

大文字送り火

盂蘭盆会(うらぼんえ)

 盂蘭盆会は「盂蘭盆経」という経典に由来しています。そのあらましは次の通りです。
 お釈迦さまの十大弟子の一人、目連は母親が飢餓の世界に落ちて苦しむ姿を見て嘆きましたが、目連の力では救うことができません。目連はお釈迦さまに教えを乞い、その教えに従うことで母親を餓鬼の苦しみから救うことができました。 その教えとは「父母および七世の祖先のためにその幸せを祈念し7月15日に仏や僧や大勢の人たちを供養すれば、その功徳によって先祖が苦しみから救われ、今生きている我々も苦を滅することができる」というものです。
 日本では盂蘭盆会は7月または8月(京都では8月)におこなわれています。日本では御霊(みたま)という言葉があるように昔から先祖を非常に大切にしてきました。その心が仏教と習合して、精霊を迎え、送るというお盆という行事を定着させたのでしょう。
 夏の京都の風物詩となっている五山送り火は平安時代に始まったともいわれますが、史料として残るのは江戸時代に入ってからです。 京都盆地を囲む山々で焚かれる「大文字」、「妙法」、「舟形」、「左大文字」、「鳥居形」の五つの送り火を眺めつつご先祖に手を合わせてお送りする行事です。しかし、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、規模を大幅に縮小して行われます。京都五山送り火連合会によれば、「大文字」は、「大の字」の中心部と頂点、端の計6カ所、「鳥居形」は、108カ所の松明の上部2カ所だけ、「左大文字」は大の字の中心1カ所、「船形」は頂点1カ所、「妙」「法」は、いずれも中央部のみの点火となるとのことです。今年の五山送り火は寂しいものになりそうですが、こんな時だからこそ静かに手を合わせたいものです。