大文字送り火

大文字送り火

盂蘭盆会(うらぼんえ)

 盂蘭盆会は「盂蘭盆経」という経典に由来しています。あらましは次の通りです。お釈迦さまの十大弟子の一人、 目連は母親が飢餓の世界に落ちて苦しむ姿を見て嘆きましたが、お釈迦さまの教えに従うことにより母親は餓鬼の苦しみから救われた。 その教えとは「7月15日に仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によって先祖が苦しみから救われ、今生きている人も幸福を得ることができる」というものです。
 日本では盂蘭盆会は7月または8月(京都では8月)におこなれています。また盂蘭盆とはご先祖さまとの出会いのときです。 日本人は昔から先祖を非常に大切にしてきました。その心がよりわかりやすく表れるのが、 お盆という仏教行事ではないでしょうか。
 お盆に帰ってこられるご先祖さまの道を明るく照らす「迎え火」。そしてお盆の間、「精霊棚」を設けて、ご先祖さまをあたたかくお迎えする。 棚の上には季節の野菜や果物を蓮の葉の上にのせ、そしてお膳をお供えし、お給仕する。お浄土に帰って行かれるときには明々と「送り火」を焚き、 お浄土へ帰ってくださいと手を合わす。
 夏の京都の風物詩となっている五山送り火は平安時代に始まったともいわれますが、史料として残るのは江戸時代に入ってからです。 京都盆地を囲む山々で焚かれる「大文字」、「妙法」、「舟形」、「左大文字」、「鳥居形」の五つの送り火を眺めつつご先祖に手を合わせてお送りする行事です。
 お盆は、長い時間の流れの中で連綿と受け継がれ、受け継いでいく「いのち」に思いをはせ、そしてご先祖との「いのち」の繋がりをもっとも感じる日です。