永観堂の梵鐘

永観堂の梵鐘

除夜の鐘(12月31日)

 大晦日の夜、年越しの夜のことを除夜といいます。その夜に百八回梵鐘(釣鐘)を鳴らすことを一般に「除夜の 鐘」といいます。 寺院では朝夕に梵鐘を鳴らしますが、これは中国に始まったといわれます。暁に鳴らす鐘の声(音)は眠りから目覚め、 夕方に鳴らす鐘の声は目のくらんだ迷いを覚ますといわれています。百八という数については、煩悩が百八あるといわれるのに基づいたもので、 百八の煩悩をその鐘の音で清め、新年を迎えます。永観堂では、今年もみなさまと共に梵鐘をついて新しい戌年の新年を迎えます。

永観堂の梵鐘
 鐘の鋳造文によれば、禅林寺第五十四世霊空上人の時代、寛保三年葵亥(1743)とあり、この頃(約260年前)に鐘鋳されたものです。 梵鐘の詳細については境内図(jpg)のページから「永観堂の梵鐘」をご覧下さい。