みかえり法話


早春の花
早春の花

21 今が一番幸せ


 念仏とは、感謝に溢れることば

 母が、口癖のように言っていた言葉があります。
 「今が一番幸せ」ということばです。
 人生をふりかえれば、幸せと感じた瞬間は、たくさん。あります。結婚したとき、子どもを授かったとき、夢が叶ったとき、苦労が報われたときなど、幸せだなあと感じます。
 でも、調子のよくないとき、人生につまずいたときもあります。人生には色々な出来事があり、思いどおりに行かないことも、たくさんあります。そんなときであっても、実は、今が一番幸せなのです。
 私たちにとって、表面上では幸不幸があるかもしれません。でも、阿弥陀様のお慈悲に、いつも包まれている私なのですから、いつでも幸せなのです。
 「今が一番幸せ」いう言葉には、幸せに二番目や三番目がないということを意味しています。○○だったから幸せではなくて、今のこの瞬間一つ一つの幸せの連続であるということです。だから「今が一番幸せ」です。
 そんなときに口から出る言葉が、南無阿弥陀仏です。念仏とは、感謝に溢れることばでもあります。

 


「みかえり法話集 第2部」

「みかえり法話集 第1部」