みかえり法話


ツワブキ
石蕗(ツワブキ)

12月8日はお釈迦さまの成道会

 12月8日は「成道会」。お釈迦さまのお悟りになった日で、「仏教」が誕生した日です。
 王宮に生まれ、太子としてなに不自由ない生活をしていたお釈迦さまは人生の老・病・死という避けられない「苦」を見つめ、 29歳で王位を捨てて出家し、6年間の苦行の末、ついに菩提樹下で坐禅瞑想の中、おさとりを開かれ(成道)「ブッダ(覚れる人)」となりました。 経典では、その成道に至るときの坐禅の苦しみを次のように表現しています。

 いまや天地のあいだに太子はただ一人となった。太子は静かに木の下に坐って、いのちをかけて最後の瞑想に入った。「血も枯れよ、肉も爛れよ、 骨も腐れよ。さとりを得るまでは、私はこの座を立たないであろう」。これがそのときの太子の決心であった。 こうして夜明けを迎えて明の明星を仰いだとき、太子の心は光り輝き、さとりは開け、仏となった。 それは太子35歳の年の12月8日の朝のことであったと。(仏教伝道協会『仏教聖典』)

 日本には全国青少年教化協議会(全青協)といって仏教による子ども、青少年の情操涵養を願って活動している超宗派の団体があります。 その会が作った今年の「成道会」パンフレットに「成道会とは?」という文章が載っていますのでここで紹介いたします。 どうぞ、子どもさんに読み聞かせるつもりで読んでみてください。

むかしむかし おしゃかさまはずっとなやんでいました。
「みんなが しあわせにいきるには どうしたらいいのだろう?」
12月8日の朝早く。
みどりのぼだいじゅの木の下で
しずかに座って考えていたおしゃかさまは
ついに答えをみつけました。
「わたしたちは いろいろな いのちによって生かされている。
ひとりひとりのいのちが かけがえない。
みんながつながりあい 支えあって生きていけば
きっとしあわせになる」

 おしゃかさまが たいせつな答えをみつけたことを「お悟り」といいます。この日は いろいろないのちに感謝しながら「成道会」というお祝をいたしましょう!

 12月8日の「成道会」ではお釈迦さまのことを考え、灯を供えてお祝いいたしましょう。

 


「みかえり法話集 第2部」

「みかえり法話集 第1部」