永観堂の寺宝


延命地蔵菩薩像
延命地蔵菩薩像

延命地蔵菩薩像


 永観堂の所蔵する寺宝をお届けします。展示会などでは間近に見ることの少ない寺宝をお楽しみください。
 今回は、延命地蔵菩薩像とそのイラストをお届けします。 なお、表示画像は見やすくするため画像処理を施しています。実際の色合いや明瞭さと異なることがあります。またイラストは原画のイメージを示すもので、色彩、模様及び細部の描写は原画と異なります


延命地蔵菩薩像( えんめいじぞうぼさつぞう)


解説
  波の打ち寄せる岩上の蓮華座に、頭光を背負って坐す地蔵菩薩と肉身朱色と白の二童子を配す。地蔵は錫杖を持つが、宝珠を執らずに右膝を立てて思惟の姿とする特殊な像で、この半跏の地蔵は「佛説延命地蔵菩薩経」に説く姿に一致する。この経典は不空訳とされるが、実際には平安末期頃に作られた偽経で、セイタカ・コンガラ両童子と同体とする掌善・掌悪の二童子を延命地蔵の侍者とすることもといており、本図は延命地蔵とニ童子を描いた作例と分かる。同様の遺品が滋賀・浄信寺や広島・西国寺、京都・江西寺にも伝わり、彫刻では兵庫・長楽寺像がこれに相当する。本図の制作は室町後期に降るが、こうした延命地蔵は地蔵信仰と不動信仰の融合を示すもので、真言・浄土双方の寺院に遺品が残るのは興味を引く。

絹本着色
75.2cm×41.8cm
室町時代後期