永観堂の寺宝


伝釈迦如来像 伝釈迦如来像

伝釈迦如来像


 永観堂の所蔵する寺宝をお届けします。展示会などでは間近に見ることの少ない寺宝をお楽しみください。 今回は、(重文)伝釈迦如来像とそのイラストをお届けします。 なお、表示画像は見やすくするため画像処理を施しています。実際の色合いや明瞭さと異なります。またイラストは原画のイメージを示すもので、色彩、模様及び細部の描写は原画と異なります


伝釈迦如来像( でんしゃかにょらいぞう)(重文)


解説
 釈迦十大弟子とともに、釈迦十大弟子像として伝来したが、表現上の相違からも明らかに本来一具ではない。釈迦如来と伝承される本図は、三幅一鋪の画絹に豊麗な彩色を施した蓮華座上に結跏跌坐する堂々たる如来を描く。低めの肉髻に肉髻朱を大きく表し、両手は屈臂して胸前にて第一・三指を捻ずる。掌と足裏に千輻輪相を、そして胸には卍を金泥で表し、朱の衲衣と裾には金泥で蓮唐草丸文と宝相華文を施す。一見して高麗時代の佛画と分かるが、同時期の独尊如来坐像の例や、八大菩薩を従えた阿弥陀像との手制の一致から、本図も阿弥陀如来として制作されたと判断される。最近の研究では、こうした像を説法図形式の阿弥陀としており、制作年代は文様や髪際等の細部表現や、根津美術館本との比較から、十四世紀前半は降らないと考えられる。

絹本著色
177.9cm×106.9cm
高麗時代