永観堂の寺宝


阿弥陀三尊来迎図

阿弥陀三尊来迎図


 永観堂の所蔵する寺宝をお届けします。展示会などでは間近に見ることの少ない寺宝をお楽しみください。
 今回は、作者不詳ですが永観堂に伝わるもう一つの阿弥陀三尊来迎図をお届けします。 なお、表示画像は見やすくするため画像処理を施しています。実際の色合いや明瞭さと異なることがあります。


阿弥陀三尊来迎図( あみださんぞんらいごうず)


解説
  舟形光背を負って踏み割り蓮華に立つ阿弥陀三尊を、それぞれ一副一鋪に描く。朱の袈裟に緑青の裙を纏う阿弥陀は、禅林寺一幅本と同じ印相とする。化佛宝冠を戴き衣を頭から着す観音は、右手につまんだ柳楊枝を右手に持つ透明の壷に入れ、楊柳観音に表される。一方顔を正面に向ける勢至は、瓔珞など豪華な身具を身に付け、両手で蓮華茎を執る。こうした像容の阿弥陀三尊は、やはり清浄華院本をはじめとする宋代仏画に見られる形式で、本図は清浄華院本体軀の向きを換え、福井・西福寺本阿弥陀像(南宋)の光背を付した形式になる。また着衣から肉身を透かせ、光背の周縁に絹裏から金を置く技法、蓮弁から立ち上がった蓮肉の表現など、宋画の手法を大幅に取り入れている。ただし着衣の文様が省かれ裳裾も穏和な表現になることから、十四世紀頃の日本での模写本であろう。なお本図は表背墨書より、禅林寺派の京都・西林寺に伝来したものとわかる。

絹本着色
各129.0cm×54.0cm
室町時代