永観堂の寺宝


三十六歌仙図扁額

三十六歌仙図扁額


永観堂の所蔵する寺宝をお届けします。展示会などでは間近に見ることの少ない寺宝をお楽しみください。
今回は、釈迦堂に常設展示されている三十六歌仙図をお届けします。 なお、表示画像は見やすくするため画像処理を施しています。実際の色合いや明瞭さと異なることがあります。


三十六歌仙図扁額( かせんずへんがく)


解説
 現在禅林寺釈迦堂の長押上に揚げられている六枚の板絵で、もとは禅林寺鎮守社(若王子社か?)の拝殿に揚げられていたものと思われる。

板着色 6面
各47.0cm×178.5cm
安土桃山時代