阿弥陀来迎図

阿弥陀来迎図


 永観堂の所蔵する寺宝をお届けします。展示会などでは間近に見ることの少ない寺宝をお楽しみください。
 今回は、永観堂が所蔵する二幅の阿弥陀の来迎図から一幅をお届けします。 なお、表示画像は見やすくするため画像処理を施しています。実際の色合いや明瞭さと異なります。


阿弥来迎図( あみだらいごうず) 


解説
 踏み割り蓮華上に金泥の頭光を背負って立つ如来像で、爪を長く伸ばした掌に千輻輪相を、胸には卍字を表し、朱の衲衣に金泥の唐草丸文を散らしており、高麗佛画と分かる。右手は垂下して五指を伸ばし、左手は屈臂して胸前にて掌を上にむけ、第一・三指を捻ずる。こうした印相はいわゆる逆手来迎印と呼ばれ、宋代や高麗の阿弥陀像では一般的に来迎印として認識されていた。
 日本での制作になると、本図でも足元に来迎雲を描かないが、こうした例は高麗の独尊立像や脇侍を伴う三尊像(MOA美術館本や白鶴美術館本など)にも見られ、本図の下向きの視線は往生者を意識してのものであろう。もう一幅の阿弥陀如来像図に比べ丸文や裳裾の処理にやや形式化が窺われ、制作は若干降って十四世紀半ば頃になろう。

106.6 cm × 8.8 cm
室町時代